アラフォー男子の探検日誌

冒険、なぞ解き、探究に憧れながら、キャンプにさえ行かないインドア派。ぐうたらアラフォー男子のほとんど空想的探検日誌

ぺんてる オレンズラバーグリップ

ぺんてる シャープペンシル オレンズラバーグリップ付き XPP602G-A ブラック軸0.2mm」

既に廃版になってしまったオレンズのラバーグリップ付きタイプ。

まだアマゾンや、店舗でも売れ残っているのを見かけますが、税別600円と、スタンダードタイプの500円と、メタルグリップタイプの1,000円との価格的に中間に位置するラバーグリップ付きモデル。

f:id:tankenbojo:20180930154824j:plain

実際に使ってみると、スタンダードタイプよりもラバーグリップがある分、低重心となっている点、そしてももちろんラバーグリップで滑りにくい点、さらに軸径が太くなっていて、予想以上に書きやすく感じます。

そのオレンズラバーグリップを分解してみました:

f:id:tankenbojo:20180930154900j:plain

ラバーグリップで軸径が太くなる分、各部品の形状が若干異なりますが、基本的な構造はスタンダードタイプと同じです。

f:id:tankenbojo:20180930155432j:plain

軸は合成樹脂製ですが、チャックは金属製。

今はもう廃版のラバーグリップタイプ。

メタルグリップタイプは1,000円ですが、それでもやはり軸はスタンダードタイプと共用の合成樹脂製ですので、一味違ったオレンズを探している方には、このラバーグリップタイプの方がいいのかもしれません。

オレンズには、その他、最高級モデルのオレンズネロ, 3,000円がありますが、3,000円のシャープペンというのはどうも購入のガードルがあがりますよね。

 

mono-to-sozai.jpn.org