アラフォー男子の探検日誌

冒険、なぞ解き、探究に憧れながら、キャンプにさえ行かないインドア派。ぐうたらアラフォー男子のほとんど空想的探検日誌

三菱鉛筆 クルトガ ハイグレード 0.3

シャープペン市場で、革新的な売り上げを記録したのがクルトガ

その後、折れないシャープペン、極細芯のシャープペンなど、様々な仕様のシャープペンが売り出され、シャープペン市場は活気づいた感があります。

クルトガの最大の特徴は、芯が勝手に回転して常にトガッた芯先で筆記ができるということ(筆記でペン先を上げる都度、芯が回転するような機構(クルトガエンジン)となっています。そのため、若干ペン先がグラグラするように感じる方もいるかと思いますがそれで正常です)

f:id:tankenbojo:20180916174414j:plain

f:id:tankenbojo:20180916174426j:plain

f:id:tankenbojo:20180916174504j:plain

内部は樹脂製がメインとなっています。

クルトガエンジンは、分解できない模様)