アラフォー男子の探検日誌

冒険、なぞ解き、探究に憧れながら、キャンプにさえ行かないインドア派。ぐうたらアラフォー男子のほとんど空想的探検日誌

ゼブラ デルガード タイプLx 0.3

f:id:tankenbojo:20180916170138j:plain

まずは、ゼブラのシャープペン、デルガード。

デルガードLxは、デルガードシリーズの中で一番価格の高いもので、約1,000円のお値段。

特徴は、筆圧を強く筆記しても、芯がバネにより引っ込むことで、芯が折れないこと。

お店では、出川哲朗がズズチャチャ~と宣伝する動画が流れてるのを見かけた方もいるのではないかと思います。

さて、このデルガードLxを分解してみますと、

f:id:tankenbojo:20180916170549j:plain

こんな感じ。

先端部は、デルガードの特徴であるバネシステムがよく見えるように透明な樹脂製となっています。

Lxはデルガードシリーズの高級モデルとして、金属の重さが低重心に一役買っており、その金属は下軸を包み込むようになっているパイプ状のもので、取り外すことができます。

取り外すと、中軸はプラスチック、合成樹脂製です。

f:id:tankenbojo:20180916171513j:plain

軸を後ろから見た写真です。

消しゴムが刺さるところも黒い樹脂製です。

f:id:tankenbojo:20180916171729j:plain

別の角度からもう一枚。

後ろの金属製のパイプと、手前のデルガードのバネシステムがよく分かると思います。

筆圧が強く、よく芯が折れてしまう方に人気のデルガード。

芯が折れにくいシャープペンをお探しの方にはお勧めのシャープペンのひとつです。