アラフォー男子の探検日誌

冒険、なぞ解き、探究に憧れながら、キャンプにさえ行かないインドア派。ぐうたらアラフォー男子のほとんど空想的探検日誌

冒険野郎マクガイバー

冒険、冒険、冒険といって、アラフォー世代に何を連想するかと聞いたとしたら、返ってくる回答のおそらくいくつかに含まれているであろうキーワド、それは・・・きっと、

冒険野郎マクガイバー

いやぁ、少年だったわたくしの心を、ガシッと鷲づかみした強烈なインパクトのある冒険ドラマでした。

陥った危機に対し、
手近な素材や材料と豊富な科学知識の応用で対処し、数々の事件を解決する姿にしびれました…

そんな冒険野郎マクガイバーが劇中で使って一大ブームを巻き起こしたのが、「スイス・アーミーナイフ」

当時、スイス・アーミーナイフの二大メーカとして、「VICTORINOXビクトリノックス)」と「WENGERウェンガー)」があり、ハンドルの十字のロゴの形が異なっていたものの、赤い強化プラスチック樹脂製のハンドルがトレードマークでた目はほぼ同じでした。

(ビトリノックスと、ウェンガーの違いは、ビトリノックスが十字を囲む模様が盾のようなのに対し、ウェンガーは四角という違いがある)

しかし、ウェンガーは2005年にビクトリノックスに合併されて消滅してしまいます。

いまでは、ビクトリノックスから、ウェンガーモデルとして販売されている一品しか入手することができません。