アラフォー男子の探検日誌

冒険、なぞ解き、探究に憧れながら、キャンプにさえ行かないインドア派。ぐうたらアラフォー男子のほとんど空想的探検日誌

キマトセラス、オウムガイ、ノーチラス

東急ハンズ名古屋店「地球研究室」の出土品特集のイベントを見た際に気になって買ってしまったもの。

f:id:tankenbojo:20180513211223j:plain

商品紹介の紙片には次のように記載されています。

キマトセラス(Cymatoseras sp.)研磨品

産地:Ambarimaninga, Majunga, Madagascar

アンモナイト目と違うオウムガイ目。アンモナイトよりも出現は古く、現生にまで残る。球状の初期室(巻き始め)を持たないのが特長。内部はアラゴナイトに置換しています。

調べてみると、キマトセラスとは、オウムガイの仲間のうち進化の過程で絶滅した(したと考えられている)ものを広くいうそうです。

ちなみに、オウムガイは生きた化石のひとつとして有名ですが、英名はノーチラス。

ジュール・ヴェルヌの小説「海底二万里」に登場する架空の潜水艦の名でもあり、神秘的な名前です。

螺旋階段のような模様にも惹かれるものがあります。

 

アンモナイトとオウムガイの比較