アラフォー男子の探検日誌

冒険、なぞ解き、探究に憧れながら、キャンプにさえ行かないインドア派。ぐうたらアラフォー男子のほとんど空想的探検日誌

何の石?

f:id:tankenbojo:20190425205657j:plain

以前も書いたと思いますが、何の石だか分からない石。

と言っても、私が知っている石は、碧玉、チャート、その他(少し)だけなのですが…

このタイプのように薄緑色で雲母のようなキラキラするところが点在しており、表面には白い流星?のような流れたような風化穴があいている…???

時々見かけるものの、何の石だか分からないのでいつもは拾うことはなかったのですが、今回はその中でも質がよかったので拾ってきました。

f:id:tankenbojo:20190425210510j:plain

裏側は緑色が濃く少し緻密な感じがします。

f:id:tankenbojo:20190425210601j:plain

側面の割れた跡は緑がさらに濃く、また、石英質?の透明な貫入があります。

この緑色が濃い所は触り心地がとてもいい感じ。

碧玉に似た触り心地です。

 

さて、これは何の石なんでしょう?

これが流紋岩なのか??

紋石

f:id:tankenbojo:20190424230417j:plain

昨日、赤碧が最近よく採れるという話をしましたが、よくよく見てみると内ひとつは紋石のようです。

f:id:tankenbojo:20190424230703j:plain

f:id:tankenbojo:20190424230722j:plain

写真では分かり辛いと思いますが、昨日並べた赤碧のうち、この石だけ岩肌が他のよりもザラザラしており、また、汗疹のような黄色いツブツブがありました。

この石も御多分に漏れず、極小なのですが…

赤碧の御祭り?

土岐石では、青碧の方が人気があるものの赤碧の方が数は少ないとよく言われます。

f:id:tankenbojo:20190423230729j:plain

にもかかわらず、新しいポイントを見つけたせいか、最近は小ぶりですが結構赤碧を見つけることができています。

質は以前青森の方にいただいた錦石の碧玉とほぼ同じ。私の目からすると混ざってしまうとどちらがどっちだか当てるのは至難の業(むしろ不可能)です。

f:id:tankenbojo:20190423231111j:plain

赤碧が採れるのは嬉しい限りですが、やっぱり青碧の方がインパクトがあってすぐに拾われてしまうのと、赤碧は赤チャートとの見分けが難しいので、拾われずに残っているのかなぁとも思います。

碧玉(ジャスパー) 土岐石、間違いなく

間違いなくウッディ―ジャスパーであり狭義の土岐石を見つけました:

f:id:tankenbojo:20190422231204j:plain

少し色調がおかしいのですが、実物もだいたいこんな紅色です。

川原で一際異彩を放っていた石です。

よく見ると木であった頃の面影が随所に残っています。

f:id:tankenbojo:20190422231418j:plain

f:id:tankenbojo:20190422231437j:plain

この岩肌を見ていてつくづく思うのは、チャートと違い碧玉は川流れしてもパーカッションマークによって打撃跡著しく白くならないものが多いということです。

良質の碧玉はまるで瀬戸物か強化プラスチックかと思うほど緻密でまるで蝋のような光沢もあります。

f:id:tankenbojo:20190422231952j:plain

欠けたところも貝殻状断口。紛れもない碧玉です。

惜しくらむはそのサイズ…

ループを使って撮影しているのでもうお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、そうですこの土岐石も極小!

3cmないかなぁ…

これがあと5、6倍の大きさならもう凄いことになっていたと思うのですが。。。

 

碧玉(ジャスパー)きっと。

最近の探石で見つけた碧玉(きっと)。

f:id:tankenbojo:20190421211808j:plain

まぁ、ルーペを使って写真を取らないとピンボケしてしまう程度の大きさ(3cmあるかな)なのですが…

まぁ、こんな小物はだれも見向きもしないのかもしれませんが…

f:id:tankenbojo:20190421211905j:plain

裏側です。石英の筋があり、碧玉にも時々こういった石英の筋があるものがあります。

f:id:tankenbojo:20190421212046j:plain

同じ日に見つけた赤碧と並べて撮ってみました。赤と緑はよく映えますね(小物どうしですが)…

 

これはチャートです、か?

f:id:tankenbojo:20190420232721j:plain

先日の赤い石に白い石英質の筋が入ったものは碧玉だと結論付けましたが、よく似たような石は庄内川でたまに見つかります。

チャートに比較的大きめの石英質の白い筋が入ったものを肉石といったり、雷石といったりするようですが、この写真の石もその一種だと思います。

 

f:id:tankenbojo:20190420233036j:plain

端っこの辺りなど風化してぼろぼろっとした感じがチャートらしいのですが、背面はけっこうすべすべして肌触りがよい感じです。

f:id:tankenbojo:20190420233152j:plain

ここでよく分からなくなるのは、これはチャートでしょうが、なぜにこんなに大きな石英質が貫入したかということです。

何かに珪酸分が浸透し、それが置き換わって作られる碧玉なら、珪酸分が多く浸透した場所にこのように石英質の筋が出来るのはよく分かるのですが、放散虫・海綿動物などの動物の殻や骨片(微化石)が海底に堆積してできた岩石とされるチャートだとよく分かりません。

チャートのヒビの部分が再結晶して白や黒い筋が入るのはよくあるのですが、ここまで大きく石英質が入るのはそれ程ないのではないかと思います。

放散虫・海綿動物などが凝縮して集まった場所がこのような白い部分になるのか、またはチャートがある程度出来上がってから、珪酸分の多い場所でヒビの箇所に浸透して再結晶したものなのか…

はたまた、これも碧玉だったものが風化してチャートのように見えるのか…考えれば考えるほどよく分からないのですが、こういった石は白い石英質のところが何かの姿に見えることがあるので、私は興味深いなぁと思います。

 

まぁ、でもこの石肌の感じは、碧玉ではなくチャートでしょうね。

とすると疑問はどのように、このように比較的大きめの石英質が貫入したのか、どの時点で貫入したのかということです。

考えるとワクワクしてきますね。

蛍光鉱物!?

先日、石友というか、石の先輩に教えて頂いた蛍光鉱物。

私もかれこれ20年くらい石好きをしてますので、ブラックライトを当てて石を観察している方などを見かけたことはありましたが、自分で照らしてみようと思ったのは、石のパイセンの影響で今回が初めてでした。

さっそくアマゾンで(まぁ、最初だからオモチャっぽいのでいいやと思って)買って照らしてみましたが…

いやぁ、面白い!ですね。

普通に見えないものが見えるというのは、ある種の感動を引き起こします。

 

そんなこともあって、さて、これまで探石した石は光るのかな!?と思って照らしてみましたが、ぼんやり光るのはありましたが、まぁ、そんな劇的に光るものはなかった今日この頃でありました。

 

そんな折、先日川原で探石していたら!!!

な、なんと、勝手に光ってる!?ように見える石を拾いました。写真はこちら:

f:id:tankenbojo:20190419225159j:plain

まぁ、写真で見るとそうでもないのですが、当日は小雨降る薄曇りということもあり、白い個所がオレンジ色に光って見えたのです(もちろんブラックライトは使わない状態でです)。

 

f:id:tankenbojo:20190419225341j:plain

f:id:tankenbojo:20190419225356j:plain

どうですかねぇ、なんとなく蛍光してるように見えませんでしょうか?


先日来ブラックライトで照らすことが癖になっていたせいもあるかもしれません。

で、肝心のブラックライトで照らしたらどうなるのか!やってみました!!

結果は。。。

 

 

f:id:tankenbojo:20190419225602j:plain

まぁ、光らず。。。

白っぽいところが蛍光しているかのようにも見えますが、これは白いせいでしょう。。

 

んーーー、残念!!

まぁ、そんなに光る石がすぐ手に入るというのは幻想なのでしょう。